レーザー脱毛と永久脱毛について

レーザー脱毛と言うのは医療レーザーを利用した脱毛の方法で、永久性を得られる脱毛の手法でもあるのです。


医療レーザーは、医療行為を可能にする施設のみで利用する事が可能な医療機器です。

脱毛情報局

そのため、エステサロンと言った場所ではレーザー脱毛を行う事が出来ません。



あくまでも、クリニックや美容外科などで行える脱毛となるのです。


レーザー脱毛を行う時などは、日焼けをしない事が大切です。
これは脱毛を行うために、クリニックなどにいくと注意をされますが、日焼けをした肌に医療レーザーを照射させると、脱毛を行う事が出来ないのです。レーザーの光と言うのは、黒いものに反応する性質があり、その性質を利用した脱毛である事からも、日焼けをして黒くなった皮膚組織は、脱毛を妨害する事になるからなのです。

レーザーの光を脱毛する場所に照射すると、メラニン色素を多く含む毛の発毛組織部分で熱エネルギーに変換されて、そこで発毛組織を破壊していきます。

発毛組織が破壊される事で、そこから毛が生える事が無くなりますので永久性を得られると言うことになるのです。

しかし、1度脱毛を行っても完全に処理が終わるわけでは有りません。これには毛周期と言う毛のサイクルがあるからで、脱毛処理をして永久性が得られるのは成長期の毛のみであり、それ以外の周期の毛と言うのは再び生えてくる事になるのです。

この事からも、永久脱毛を完了させるためには、毛周期に合わせて何度かのレーザーの照射が必要になると言う事なのです。